クリニークの乾燥ケア:乾燥肌&敏感肌のかゆみを抑えるために

肌が乾燥してかゆくなったり、肌の状態が不安定になって赤みがでたりなど、このような肌荒れは誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。今回は、乾燥肌や敏感肌になってしまう原因やお手入れ方法をご紹介いたします。

 

乾燥肌&敏感肌の見分け方と原因

乾燥肌や敏感肌になってしまう原因

肌が乾燥して敏感になっていると、肌の状態がカサカサしたりゴワついたり、ざらつきやムズムズが気になるようになります 肌にかゆみが生じる主な原因の1つは、肌のバリア機能の低下です。肌はもともと備わっているバリア機能によって潤いが保たれるようになっています。肌の水分が蒸発するのを防ぐと同時に、紫外線や大気汚染などの外部刺激から肌を守る役割を担っているのですが、それは肌の表面にある角質層の水分と油分のバランスが保たれた状態で力を発揮します。しかし、空気の乾燥や紫外線などのダメージ、間違ったスキンケアなどの刺激が加わることにより、バリア機能は低下します。バリア機能が低下すると、肌は水分不足になりキメが乱れ、肌の乾燥がさらに進むという悪循環が起こります。

 

乾燥肌&敏感肌のお手入れ方法と予防

保湿成分がたっぷり配合された化粧品

かゆみを繰り返さないためには肌のバリア機能を回復させることが重要です。保湿成分がたっぷり配合された化粧品でしっかりと潤いを与えましょう。肌荒れを予防する上で大切なのは、肌のバリア機能を低下させないこと。肌の乾燥を防ぎ、紫外線をしっかりとブロックし、質の良い睡眠や栄養バランスの良い食生活を心がけるといいでしょう。



クリニークの乾燥肌&敏感肌向けおすすめスキンケアをチェック

 

潤いに満ちた肌を目指す5つのヒント

Clinique Moisture Surge

1:クレンジングは、短時間にとどめる、熱いお温で洗わない、刺激・香りの強いクレンジング剤を避けるなど、正しく行いましょう。
2:肌表面の不要な古い角質を取り除いて、次のアイテムが入りやすい肌環境を作ってあげましょう。
3:洗顔後すぐの保湿が肝心。保湿化粧水などですばやく水分を補給しましょう。
4: 肌に優しく高い保湿力を持つ化粧品でバリア機能を回復させましょう。
5:十分な水分摂取を意識しましょう。乾燥する季節は、加湿器の使用も有効です。

クリニークの乾燥肌&敏感肌向けおすすめスキンケアをチェック

乾燥肌&敏感肌改善
クリニークの乾燥肌&敏感肌向けおすすめスキンケアをチェック

Moisture Surge™ Gel Creme 100H, 3秒間<sup>*1</sup>で、集中保湿。​みずみずしい"保水美肌"へ。​<br>クリニーク独自の「アロエ発酵コンプレックス<sup>*2</sup>」と、ヒアルロン酸<sup>*3</sup>を配合。みずみずしいピンクの「保水ジェルクリーム」。<br>無料刻印サービス実施中!(30mL、50mL限定)
50mL
30mL
15mL
Liquid Facial Soap, 使いやすく、優しい洗い上がりのリキッド ソープ。肌に必要な潤いは守りながら、汚れをすっきりオフ。
200mL (乾燥~混合肌)
200mL (混合~脂性肌)