旬顔のつくり方

「ローズ ピンク」メークで
1日ずっとヘルシー美人に!

今注目なのは、自然なツヤ肌に血色感を与える「ローズ ピンク」メーク。運動した後、体温が上がってポッとほてった肌のように、ヘルシーでフレッシュな印象を手に入れて。

ステップ1:輝くツヤ肌を作ろう
フレッシュな印象を与えるメークは、くすみのない透明感のある肌作りから。結局、メークをキレイに仕上げるには、キメの整ったきれいな素肌が必要だから。まず、肌タイプに合った3ステップ スキンケア システムで肌を整えよう。ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ジェル(DDMG)*は、軽いつけ心地のジェル状乳液。スッとなじんでなめらかでハリのある肌に導いてくれるから、ベースメークのノリもよくなる!
*乳液はスキンタイプに合わせてお選びいただけます。

ステップ2:リップの明るさをUP!
唇のカラーをトーンアップさせて、ナチュラルな発色とツヤ感のあるリップメークを目指そう。チャビー スティック モイスチャライジング リップ カラー バーム #14 カーヴィー キャンディーはほんのりピンクに色づき、唇に潤いを与えるクレヨンタイプのリップカラー。チークの色とケンカしないように、薄くなじませるように付けるのがポイント。(濃くつけすぎるとピエロみたいに見えてしまうから気を付けて!)

ステップ3:ローズ チークで立体感を
ワークアウト直後のような、血色感のあるツヤ肌を作るには、ローズ ピンクのチークがおすすめ。チークは頰の外から内側に向かってブラシで斜めに入れるのがポイント。頬骨の位置にチークをのせてぼやかせば、自然なグラデーションが生まれ、立体感ある仕上がりに。使用したアイテム:しっとりした質感で粉っぽくならないパウダリータイプのチーク ポップ #12 ピンク ポップ

写真:Nick Stokes スチール写真:Jon Paterson テキスト:Rachel Hayes ヘア:Holly Mills メイク:Maki H スタイリスト:Seppe Tirabassi ネイリスト:Gina Edwards

This content contains code that should not be entered into CMS content.

Please remove the code and put it instead into templates and/or the site's CSS or Javascript files.

This code risks breaking the site's frontend display, breaking the CMS edit screen, and causing difficulties when localizing this content to another locale.